手マンのやり方

手マンは、女性器に対して手を使い触ったり摩ったり動かしたりして、性的感覚を上昇させるための方法です。
本来、女性器にはペニスを挿入することで性行為を行なうものですが、その前段階で女性の性的ムードを上昇させるために行なわれる性質があります。
よくアダルトビデオなどで、男優が女優に行なって、潮までを噴かせているシーンが撮影されていますが、女性器を刺激することで性的快感が高まった結果であると言えるでしょう。
もちろん、女性によっては、それをするだけで快感によってイッてしまうことも多いです。
そして、膣穴に指を入れて行なうことが多いため、指マンとも言われます。
なお女性をイカすための手マンの方法としては、幾つかのポイントがあります。
ただ単純に膣穴に指を入れて行なうだけでは、快感を得ることが出来ないので、Gスポットを攻める方法です。
Gスポットとは、膣穴に中指・人差し指を第二関節まで入れ、それをおなかの方に向かって曲げた場合に当たるスポットです。
そこを指で摩り攻めれば、ゾクゾクする快感が生まれます。
また確かにGスポットは有名なスポットですが、もう一つTスポットというのがあり、今度は中指・人差し指を第三関節まで深く挿入して、第三関節を曲げたスポットです。
最近はGスポットよりこのTスポットの方が感度があるのではないかという注目されているスポットとなります。
また深く挿入したら、そのまま曲げずに奥まで突き上げても、そこも気持ちが良く、そのスポットはATスポットとも呼ばれています。
よって、女性をイカすためにはこの三つのスポットを理解しておくことが先決となります。
実際はいきなり激しく行なうと痛い場合もあります。
そのため、まず膣穴上方に位置する陰裂や陰核を触るなどして、十分、濡らしてから、徐々に頃合を見計らって挿入をしていくことが肝要となります。
なお陰核を触るだけでイッてしまうクリイキがしやすい女性も多いです。
出来れば最初にクリでイカせて、その後に膣穴に指を挿入して、各スポットにて何度も中イキさせる方法が優れています。

手マンのやり方|ペニスの悩み相談・セックステクニック