クンニはジラシが重要

男性がペニスをなめられれば喜ぶように、女性もクリトリスをなめられるととっても喜ぶものですが、どうせならパートナーに最大限のエクスタシーを感じさせたいものです。
そこで今回はクンニのやり方について述べていこうと思います。
よく誤解されるのは、クンニとは単にクリトリスをなめればいいと考えられている方が多いという点です。
しかし、フェラチオをされたことのある男性の皆さんならわかると思うのですが、単に前立腺を舐められるだけでは気持ちよくなく、タマや乳首や様々な所をうまく攻められた方が感じやすいはずなのです。
これは女性にも同じことが言えるので、感じさせるのに大がかりなテクニックは必要というわけではないのです。
それでは、こうしたプレーを成功させるコツの一つは焦らすことがそれでしょう。
つまり、いきなりクリトリスを責めるのはなく、最初は太ももの付け根を舐めていき、そして大陰唇をじっくり舐めて、小陰唇、そしてクリトリスの順番で責めるのです。
人にもよりますが10分くらいかけてクリトリスに迫るのがいいのではといわれています。
また、こうしたプレーに入る前から戦いは始まっており、後ろに回り込んで、下着の上からおっぱいと下半身を優しく触っていきます。
下着から愛液が染み渡ってきたら頃合いといえるでしょう。
このように、なめる順番やそれに至る行為を考えたら、次に考えるのは舌の使い方といえるでしょう。
前述の通りじっくり攻めているので、クリトリスの周りは愛液で一杯ですから、爪をたてないように、優しく皮をむきましょう。
そして舌を左右に動かすことがベターなのです。
またクリトリスに余計な負担を掛けないように、高速でチロチロ左右に舐める事がエクスタシーを感じさせる手段です。
こうした技術と共に相手のケアも大切です。
こうしたプレーは女性にとって恥ずかしい行為ですから、リラックスができる言葉をかけて、羞恥心を取り除きましょう。
そうすれば快楽に集中できて、お互いが楽しめます。
このように、焦らしと思いやりこそが重要なテクニックですから、しっかりとやっていきましょう。